喜ばれる!出産祝いの贈り物一覧はこちら!
出産祝い・内祝いに人気のカタログギフト
スポンサードリンク


カテゴリー:出産祝い 花

出産祝いを贈る時の花の選び方を紹介します。

出産祝いに花を贈る場合、花屋さんにお任せすることが多いと思いますが、花の色は、原色系のにぎやかさのあるものよりも、白や淡い色の花で優しい感じにまとめてもらいます。

また、生花を病院へ贈りたいという場合は、相手の手間を考えて、花瓶のいらないアレンジメントや香りの穏やかな花を贈るほうが喜ばれます。

ただ、花を贈られたことのある方はわかると思いますが、「もらった時はうれしいけど、生花は手間がかかるのがちょっと・・・」というのが正直なところ。

でも造花じゃつまらないですよね?

そんな時重宝するのが、手間もかからず、枯れずに長持ちするプリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーは、生花を手間ひまをかけて特殊加工をしたもの。そのため、生花よりも少し値がはりますが、長持ちするし、手間いらずで楽しんでもらえるので喜ばれますよ。

ちなみに、プリザーブドとは、保存した、という意味。生花の鮮やかさと質感を保存した花というわけです。

生花を贈ることの出来ない病院などへも贈れますよ。

 



カテゴリー:出産祝い 相場・金額

よく、「お祝いの気持ちを包むんだから・・・」と言われていますが、出産祝い相場ってやっぱり気になりますよね。

気持ちなので基本的に決まった金額はないとはいっても、実際には多くの方が参考にしている一般的な相場と言われる金額があるわけです。

それがこちら↓です。

相手 兄弟姉妹 友人 親戚 同僚
あなたの年齢
20代 10,000 5,000 5,000 5,000
30代 10,000 5,000 10,000 5,000
40代 10,000 5,000 10,000 5,000


相手との関係と自分の年齢によって少し幅があります。

金額としては、お付き合いの程度や地域的な伝統習慣などで相場が変わる場合もありますが、5,000円から10,000円程度が相場と言われます。

年齢に関係なく、兄弟姉妹への出産祝いは10,000円、友人や同僚へは5,000円が相場で、30代以上なら、親戚へは10,000円が一般的な相場です。

ただ、年齢や立場にふさわしくない金額(高額)だと、かえって贈られた相手に負担を感じさせる事もあります。

他にも、自分の子供に赤ちゃん(孫)が生まれた場合や、上司や後輩、近所の人に贈る場合もあると思います。

そんな時はこちらが参考になりますよ。

出産祝いギフトの相場 アンケート結果
http://www.baby-nao.com/joho/souba-baby.htm

面白いのは、先輩や上司・後輩や部下ともに最も多いのが5,000円ですが、上司や先輩へ贈る場合と後輩や部下へ贈る場合では2位で「気持ち?」に差が出ているようですよ。



カテゴリー:出産祝い ギフト・プレゼント・贈物

出産祝いにマザーズバッグを贈ってみては?

マザーズバッグが何か、ママなら知っていると思いますが、ベビーカーやチャイルドシートと並んでお出かけの時に必要になるのがマザーズバッグです。

赤ちゃんや小さなお子さまを連れての外出は、自分の持ち物だけでなく、おむつや着替え、お尻拭きなど何かと荷物が多いもの。

しかも、赤ちゃんを抱っこしたりするので、ママにとって使いやすい便利なバッグは欠かせません。

そのわりには、出産祝いで贈られることは少ないので、今すぐ喜んでもらえるものではないかもしれませんが、お出かけできる頃にはきっと喜ばれますよ。

最近はオシャレで機能的に収納できたりと、ママに喜ばれるマザーズバッグがたくさんあります。

マザーズバッグの詳細はこちら
マザーズバッグ情報ナビ


マザーズバッグの売れ筋はこちら 



カテゴリー:出産祝い マナー

二人目の出産祝いはどうすればいいのか?

贈る贈らないでいえば、贈るのが一般的なマナーです。

一人目も2人目も嬉しいお祝い事です、二人目だからといって一人目よりも金額に差をつける方もいますが、しっかり同じようにお祝いしてあげましょう。

ただ、仲の良い友達などとは、二人目はお互いに忙しさや手間などがわかっているので、贈らないと約束している方もいるようです。

二人目の出産祝いでは、何を贈ればいいのか、というのが一番の悩みどころですね。

一人目の出産で、ある程度必要なものはそろっていたりしますから、ちょっと工夫が必要です。

欲しいものを聞ける仲なら、欲しいものを贈ればいいのですが、そうもいかないという方もいると思います。

そこで、あえてベビー向けのものではなく、二人目を出産したママへのプレゼントにしたり、お兄ちゃんお姉ちゃんの年齢にあった子供服やおもちゃを贈るといいかもしれませんね。

ベビー用品を贈るにしても、いくつあっても困らない消耗品が喜ばれるようです。

 



カテゴリー:出産祝い メッセージ・言葉